革製品

GANZOマネークリップレビュー!新品エイジング報告!

どうもmaru3です。

今回は以前からずっと欲しかったGANZOのマネークリップのレビューをしてみたいと思います。

エイジング報告をまとめました↓

ガンゾ(GANZO)シンブライドルマネークリップまとめ

GANZOは日本のレザーブランドです。made in Japan!!

職人さんが一つ一つ魂を込めて作っており、使い込まれることによりパフォーマンスが頂点に達する製品を作ることをコンセプトにしているみたいですね。

つまり丈夫で壊れづらい。エイジングありきな商品だと思います。エイジングして育てるというのは革製品好きにはたまらない響きですよね。

ずっと欲しかったんですが、この度、嫁さんが誕生日プレゼントに買ってくれるとのことで、本店に行って実物を見て購入しました。

GANZO本店の場所はこちら

最寄りは表参道か原宿で、どちらから歩いても10分かからない位です。

GANZO 本店

店内はまさしくオサレ・・・

ただ特に入りづらいなんてことはなく、接客も聞きたいことを聞けば丁寧に対応をしてくれる印象がとても良かったです。

 

マネークリップの色はブラック、ダークブラウン、ネイビー、ヘーゼルの4色です。シンブライドルマネークリップという商品で、堅牢なブライドルレザーが使われてます

左からダークブラウン・黒・ネイビー左からダークブラウン・黒・ネイビー

ですが、ぶっちゃけヘーゼル以外ほぼ一緒に見えましたね。

言われて見れば違うなぁって感じなので、自己満で色を選ぶのがいいと思いますよw

僕はなんとなくブラックよりちょっとカジュアル感を出したいのと、エイジングによって違った印象に育つといいなぁと期待を込めてダークブラウンを選びました。

 

新品時

ネットなんかでは白い粉のようなものが付着しているのが多いと思います。ブルームと言って革に染み込ませた蝋が表面に出てきているのもので、そのうち馴染んで消えていくんですが、僕は敢えてあまりついてないものを選びました。

理由としては革の状態をよく見たかったからです。天然革は同じものはありません。傷すら味の一つなんですが、僕はなるべくツヤツヤの物を選びたかったので。ブルームは1週間も使ってれば落ちちゃいますしね。

中の革はミネルバボックス。ブライドルレザーより柔らかく、飴色へと変化していきます。ブライドルレザーとミネルバボックス2つの革の変化を楽しみながら育てていきたいです。

 

マネークリップのレビュー!

全く問題なし!ただこれは僕が元々、札と小銭を分けているタイプだからかもしれません。分けるの派の人は特に違和感なく使えます。

財布内の断捨離につながりますしとにかく薄い!カード5枚が入ってこの薄さは最強のメリットだと思います。

この薄さならジャケットの内ポケットに忍ばせても違和感なし!札が剥き出しではないので、ある程度フォーマルな場所で使っても問題ない思います。

カード5枚収納

まだ新品なので浮いてますが、いずれペッタンコになるのでキレイにエイジングさせたいですね。

マネークリップの使い方

GANZOのマネークリップはこんな風にピンを上げて

戻して閉じるだけ。

出すときはこのまま引っ張ればOK!

ね?簡単でしょ?

 

お釣り時は札が何枚かと小銭がくるってわかってますよね?

その時はピンを上げて待っていて、

この時、左手の人差し指は爪側で抑えるとやりやすいです。

もらった札を机上でトントンと整える。

右手で少し整えたら

ピンを戻して閉じるだけ!

写真を使ってみると、工程が多く感じますが、二つ折財布の時とほぼ変わらないですよ。

それと思わぬ副産物で、カードの出し入れが非常にしやすい!これでかなりスマートな会計が行えるので、心の中でドヤ顔しておきましょう。実際にしてたらかなり痛いやつですからねw

総評として

    • 製品としてのクオリティが非常に高い
    • 丈夫な革だが、新品時はやはり硬い。故にゆっくりと育てる楽しみがある。
    • 二つ折財布と使用感は変わらない。
    • 薄くて軽い!
    • カードの出し入れがし易い!

といった感じです。なんだか自分がとってもスマートな紳士になった気分です。嫁さんに感謝しつつ、このマネークリップに似合うような出来る男になりたいですね。

財布の断捨離にマネークリップで紳士な男性になろう!

おすすめですよ。

今までのエイジング報告はこちら↓

ガンゾ(GANZO)シンブライドルマネークリップまとめ